ロジレスでは、顧客への在庫の出荷を「受注伝票」と「出荷伝票」の2つの伝票で表します。

受注伝票
顧客からの注文は、「受注伝票」として起票し、管理します。受注伝票には、購入者の情報、お届け先の情報、商品の明細、配送方法、支払方法、その他金額に関する情報などが含まれます。

受注情報は、手動での入力、CSVでの一括登録、APIでの自動連携などによりシステムに取り込まれます。

出荷伝票
受注伝票が有効化されると、「出荷伝票」が自動的に起票され、受注伝票の内容が転記されます。出荷伝票には、お届け先の情報、商品の明細、配送方法、代金引換金額のほか、サイズや重量、個口数など出荷に関連する情報などが含まれます。

出荷伝票の起票、転記は、システムにより行われますので、手動で操作を行う必要はありません。

受注伝票と出荷伝票が独立しているメリット

回答が見つかりましたか?