はじめに

データベースに登録されている在庫数(論理在庫)と、実際の在庫数を比較し、差異を検証することができます。

実際の在庫数の入力は、画面からの手入力と、ハンディーターミナルがご利用いただけます。

注意

実地棚卸を実行する倉庫(荷主)に出荷作業中の出荷伝票がある場合、実地棚卸は開始できません。

実地棚卸を実行中の倉庫(荷主)では、次の操作を行うことができません。

  • 在庫操作(入荷/入庫/棚移動/出庫/変換)
  • 出荷作業の開始

操作方法

実地棚卸を開始する

STEP 1.
メニューの「在庫」をクリックします。(メニューが表示されていない場合は、画面上部の「三」をクリックしてメニューを開いてください)

STEP 2.
画面上部のタブから、「在庫操作」をクリックします。

STEP 3.
画面上部のタブから、「実地棚卸」をクリックします。

STEP 4,
実地棚卸を開始するマーチャント(荷主)を選択します。

STEP 5.
実地棚卸を開始する」をクリックします。

実地棚卸を確定する

実地棚卸の実行画面右上にある「実地棚卸を確定」をクリックすると、実際の在庫数で、データベースの在庫数(論理在庫)を上書きします。

お知らせ
現在、この機能は弊社にて実行しております。
実地棚卸を確定させる場合は、画面右下のチャットからお知らせください。

実地棚卸をキャンセルする

実地棚卸の実行画面右上にある「実地棚卸をキャンセル」をクリックすると、現在までに入力された実際の在庫数のデータが破棄されます。

回答が見つかりましたか?