連携方法

店舗を作成

MakeShopと連携を開始するためには、ロジレスに専用の店舗を作成する必要があります。店舗の追加方法は「MakeShop:店舗を追加する」をご覧ください。

APIで連携

APIを使用し、MakeShopとロジレスの間で受注情報、在庫情報を自動連携することができます。連携の方法は「MakeShop : ロジレスと連携させる」をご覧ください。

CSVで連携

MakeShopより出力したCSVファイルから、受注情報をロジレスに取り込むことができます。取込方法は「MakeShop:受注伝票をCSVで登録する」をご覧ください。

商品コード

MakeShopでは、商品マスタに「システム商品コード」と「独自商品コード」があり、それぞれ発番ルールが異なります :

  • システム商品コードは、MakeShopにより自動的に発番します。
  • 独自商品コードは、店舗が自由に設定できます。

ロジレスでは、受注情報の取込の際には、「独自商品コード」を使用し、独自商品コードが指定されていない場合は、「システム商品コード」を使用します。

オプションをを使用している場合は、「オプション独自コード」を使用します。

注意

オプション独自コードが指定されていない商品はSKUとして識別されません。オプションを使用してSKUを区別する場合は、必ずオプション独自コードを使用してください。

例)独自商品コード「OC-3」の商品に、カラーとサイズのオプションが存在し、それぞれにオプション独自コードが指定されていない場合、すべて「OC-3」として取り込まれます

指定されたオプションは、明細行備考欄に取り込まれます。

回答が見つかりましたか?