はじめに

この記事では「引当」と「物理引当」の違いについて説明します。

物理引当とは

物理引当とは、倉庫側で出荷待ちから出荷作業中へステータスを変更した際、ロケーションを含む、倉庫の物理的な保管状況を元に、受注伝票に対し物理的な在庫を割り当てた際に発生する在庫操作ログです。
物理的な在庫の位置を割り当てる処理を指しておりますので、つまりは引当処理そのものであり、出庫とは意味合いが異なります。
基本的には、マーチャント側に物理引当は影響を及ぼしません。

物理引当後、「在庫」メニューで確認できる在庫数には変動は発生しませんが、「保管状況」メニューでご覧いただく在庫数は「保管中」が減少し、「ピッキング中」が増加します。
物理引当は全体の在庫数に影響を及ぼしません。

引当と物理引当の違いは以下の通りです :

  • 引当
    受注伝票を引当済みに変更する際は、出荷元倉庫の在庫を確保します。
    受注に対し、データ上の在庫を割り当てます。
    このとき、ロケーション等は考慮しません
  • 物理引当
    受注に対し、ロケーションや入庫日、その他の在庫属性を基準にして在庫を割り当てます。
    このとき、ロケーションを考慮可能です

    この操作により在庫数が変動したり、割当先の受注伝票が変更されることはありません。

また、物理引当の順序は変更可能です。「物理在庫引当順序を変更する」をご参照ください。

回答が見つかりましたか?